February 7, 2019カテゴリ Blog japanese

Punto D’oro.Autumu/Winter 2019-2020テーマ

4410DD59-7D6D-495B-B3E1-46A08DA43160
Punto D’oro.Autumu/Winter 2019-2020 今シーズンは、日本の北海道を主な移住圏とする先住民族で、独自の文化を有する民族であるアイヌの人々の暮らしや装いから着想しコレクションを展開しています。
寒さを凌ぐためのフォルムや土着的な色使い、独特なアイヌ文様から着想した編み柄やケーブル柄などを、
選りすぐりの素材とニットならではの方法で表現しています。
秋から冬へと移ろいゆく中で、暖かな空気をはらむニットコレクションを提案します。

007D499B-3D85-4A39-A567-89A1DF1BC52B
アイヌのイメージを集めて

9C69DE9C-02C4-4266-94EB-65EBA12E4022
集めた資料からアイヌ伝統モチーフを手編みで編みました。

5E7F54DA-1D4F-400E-B814-5A88A3D90367

92CA123A-138C-45CF-817A-DFA38518F490
英国羊毛を使用した手紡ぎ風のスラブヤーンは、糸の太い所と細い所が有り、手編みで編むと味わい深いニットに成ります。

F88677EC-423F-4BE7-A376-620BDCCFC47E

0D002A39-8359-441D-B89B-B3C511B4B2A0
多めの糸をねじって作ったフリンジは、手紡ぎ風の糸の良さが表れて予想以上に可愛い仕上がりに成りました。

49C27B0C-250D-48CD-BA22-98CC8CE48075
英国羊毛は弾力(バルキー)性に富んでいる為、保温効果が高く伸縮性があるのでカーディガンに適した素材です。
このモチーフで求心編みカーディガンも編みました。

4190D41E-92C0-4EE9-8BA5-8A633410C36C
試編みをしていて、配色の糸が渡って偶然矢印のようになるのも良かったので、部分的に使いました。
編んでみないと分からない、予想以上に良い柄が出来たり、ダメだったり・・・
そんなところがニットの楽しさ、良さだと思います。

3月1日~4日パリの TRANOÏ Bourse展示会に出展します。
パリに来られる方は是非お立ち寄りください。
TRANOÏ

Paris Women’s 1 – 4 Mar. 2019 Palais de la Bourse
28 place de la bourse 75002 paris

PAGE TOP